3月20日からのカフェ営業につきまして

今年から少しずつ告知していた焙煎所(月出工舎)でのカフェ営業は、残念ながら「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」の開催見直しとともに営業も「見直し」となりました。

▼ 公式ウェブサイト プレスリリース
「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」の開催見直しについて

再度の開催見直しにめげず、月出工舎では作家と制作スタッフ一同(ヤマドリも!)、黙々と準備を進めています。
月出工舎のSNS ではその様子をほぼ毎日更新中!月出工舎における開催時期などの最新情報もお知らせいたしますので、ぜひご覧ください。よろしければフォローも!

「シティリビング」東京版に掲載されました

【掲載情報】「シティリビング」東京版 / 2021年1月29日

「シティリビング」はサンケイリビング新聞社が発行するオフィスに配布する働く女性向けフリーペーパー。ステイホーム中のバレンタインに心を込めて贈りたいプチギフトをテーマに、そのまま郵送できるギフトを紹介するコラム企画にて、なんとヤマドリの「郵便で贈れるドリップバッグ」が掲載されました!

続きを読む ≫

「藝大食堂」ドリップバッグを作りました

東京藝術大学取手校地内にあるカフェ、ギャラリー、ショップを併設した複合施設「藝大食堂」。新型コロナウイルス感染症拡大の影響でしばらく休業しておりましたが、今月5日より再稼働。その記念としてオリジナルドリップバッグを作りました。

先月の連休中に食堂を運営する取手アートプロジェクト(TAP)さんと一緒に制作しました。珈琲袋のパッケージはTAPさんによるもの。コーヒーカップの底にコーヒー液(欠点豆を使用!)を浸し、袋に一枚一枚スタンプしました。そのためすべて違う柄となっております。


メキシコ マヤビニックの販売について

人気のメキシコ マヤビニックに関するお知らせです。
コロナ禍の影響により、マヤビニックを取り扱う商社さんの今年の輸入量が、なんと前年の5分の1に落ち込んでしまい、今後一年間マヤビニックの入手が厳しい状況となりました。

そこで、ヤマドリにマヤビニックを紹介していただいた卸先さんを優先とし、他の卸先さん・お客さんには申し訳ございませんが以下のような制限を設けさせていただきます。
(ある程度追加で入手できるようになりましたら制限をなくします)

  • 珈琲豆 → 「豆のまま」のみ数量限定で焙煎します
  • ドリップバッグ関連 → 一時休止
  • マルシェ → 一時休止(ドリップバッグで出せるかも?)

ヤマドリも気に入っている豆だけにとても残念な事になってしまいましたが、追加で入手できるよう努力してまいります。

「染め鞄」を作りました

珈琲焙煎の際に選別し取り除いた廃棄豆を活用して、ひとつひとつ手染めた「染め鞄」を作りました。表には月出工舎のロゴ、裏には月出工舎の校庭で遊べる遊具がシルクスクリーンで印刷されています。

パンフレットやチラシ、ガイドブックを収納できるちょうど良いサイズにしました。芸術祭巡りのお供にどうぞ。会場で貰った缶バッジを勲章の様に付けるのも◎。

続きを読む ≫